こがらせさんは人の役に立ちたい

シンプルな生活と、良き習慣で、幸せな人生を目指すための雑記録。

2017-08-18

今日は一日実家でゆっくり過ごしました。

11日に実家に帰省してからずっとどこかに出かけていて、少し疲れが溜まっていたので

ちょうどゆっくりできる良い日でした。

実家で何もせず、ゆっくりできるのも幸せなことです。

 

ゆっくりできると思っていたらトイレのドアノブが壊れるという

アクシデントがありました。

f:id:Kogarase:20170818224435j:plain

中の部品が割れていました。20年経つとこうなるもんですね。

取り外すのだけで1時間以上かかりました。明日部品を買ってきて修理します。

育児休暇を取る前に考えておくべきこと

育児を開始してから間もなく1か月になります。
最近、育休を取得しようといろいろ頑張っていたときのことを思い出します。

 

男性の育児休暇取得は増えてきたとはいえ、まだまだ少数派です。
私の職場でも、私が男性の第一号です。

 

多くの場合において、職場の上層部は男性の育児休業取得に対して、それほど理解があるとは思えません。育休を取得するにあたって、上司からは早く帰ってきてくれないと困る、君は期待されているから、等と言われるかもしれません。
(「しっかり一年とりなさい」と言ってくれる上司がいたら、とても羨ましい。)

 

もしかすると、私のように、育休を短期で取得しようと考える方もいるかもしれません。でも、手元の資金が許すのであれば、できる限り長期間取得することをお勧めします。


育児はとても負担がかかります。男でもキツいと思う内容ですが、特に女性は、産後の本調子でない身体で育児をして、産後うつとも戦わなくてはなりません。
精神的にキツくなってくると、本当に心に余裕がなくなります。

 

こうした場面では、今までしてきたこと、これからしようとしていることに、家族として向き合わなくてはなりません。
答えは出すのは難しく、議論は何日も何か月もかかるでしょう。

 

育休は育児のためもそうですが、大切なパートナーとしっかり議論をするための時間でもあると思います。

 

 

育児は楽しいものですが、同時に家族の絆も試されます。
このときだけでも、仕事から離れて、一緒の時間をつくることが、その後の人生をより豊かにすることにつながると思います。

子供が生まれると変わる意識

4月に第一子が生まれ、忙しい毎日を送っています。

 

新生児の育児は大変とは聞いていましたが、実際体験してみるまでその気持ちはわからないものです。

3時間後毎のミルクとおむつ替えが連日続き、睡眠はコマ切れとなって寝た気が全くしません。

最近ようやく慣れてきたところですが、日本の多くの女性が一人でこれを行っている状況はどうにかしないといけないと感じます。

 

 

よく、「子供ができると男は変わる。」と言います。

ほんとかな?と僕は思ってたんですが、多少意識の変化はありました。

 

例を挙げてみます。

 ・自分の将来のキャリア形成についてより真剣に考えるようになった。

 ・自分の万が一の備えを考えるようになった。

 ・親戚や家族により感謝するようになった。

 

うん、どれも当たり前のことですね。

赤ちゃんの顔を見ていると、今の自分の仕事内容とお給料ではいけないと思いますし、自分がいなくなったらとか考えます。

もちろん、今までもこうしたことは考えていましたが、重さが違います。「後にはひけない」といった感覚が近いでしょうか。

 

こうした感覚に加えて、我慢強さが増したと思います。

単純ですが、やはり守るものができると男は多少のことは我慢できるのでしょう。

 

どこかで聞いたような話に自分が当てはまりすぎてて苦笑してしまいますが、人類はこうして繁栄を守ってきたのだと思うと、誇り高い仕組みだと感心してしまいます。

桜の季節

暖かい日差し、新しい年度、活発な街。

今日は春を感じる日でした。

 

長い冬に終わりの兆しが見えると、人は自然と元気になるものです。

不思議ですが、きっと人間はそういうふうにできているのでしょうね。

新しい気持ちで明日も頑張って行けそうです。

 

写真は東京駅前にて。

f:id:Kogarase:20170403210724j:plain

【ふるさと納税】田辺市から返礼品が送られてきました

今年も期末です。

週末は卒業生であふれていた街が、一晩経って、忙しそうに歩くサラリーマンがで溢れています。

この一週間は司法書士にとっても、一年で最も忙しい時期の一つですね。無理なくミスなく過ごせれば良いものです。

 

 

さてさて、先日、今年初のふるさと納税を行いました。

寄付先は、和歌山県田辺市です。届いた返礼品がこちら。

f:id:Kogarase:20170327230110j:plain

梅干し7キロです。圧巻の一言。

今回初めて知ったのですが、全国の梅干し生産のうち、田辺市が2割を超えるほどの名産地のようです。

梅干しは塩だけで作ったものですが、非常に美味しく、しばらく市販の梅干しには手が伸びそうにありません。

丁寧におすそ分け用のタッパーと、レシピ集が入っているのもありがたいです。

f:id:Kogarase:20170327230113j:plain

 

なんとなく紀州の梅といえば和歌山を思い浮かべていたのですが、これからは田辺市をイメージすることになるでしょう。ふるさと納税の返礼品は、こういう発見があって好きです。

 

ふるさと納税の返礼品を寄付額の3割に制限するという話が最近出ていますが、個人的には賛成です。3割の制限があっても、特産品の魅力というものはちゃんと伝わるでしょう。

ふるさと納税の返礼品 寄付額の3割以下に抑制要請へ | NHKニュース

 

初さぼうると無痛分娩講習会

今日は午後から仕事を休んで、神保町のさぼうるに行ってきました。

f:id:Kogarase:20170315224222j:plain

f:id:Kogarase:20170315224314j:plain

ランチタイムは14時までですが、時間ぎりぎりまで行列が絶えませんでした。

やはり名店なだけあって、店内は非常に落ち着く雰囲気でした。

そしてナポリタンが非常に美味しい。どこが美味しいかと聞かれると難しいけれど、食べる手が止まらない感じです。コーヒーは苦め。

来たいと思ってはや半年、来れて良かった。

 

ゆっくり一時間の食事をとった後、病院に移動して無痛分娩の講習会を受けました。

出産はリスクがあるとわかっていても、講習を受けてみるとやはり緊張してきます。できる準備を進めていくしかないですね。

日進月歩です。

誡子書

かの諸葛孔明が自らの子孫に対し残した誡子書(かいししょ)というものがあります。

恥ずかしながら、私は今更になってこの書の存在を知ったのですが、とても良いことが書かれていましたので、紹介したいと思いました。

 

誡子書

 

夫君子之行、静以修身、倹以養徳。
非澹泊無以明志、非寧静無以致遠。
夫学須静也、才須学也。
非学無以広才、非志無以成学。

 

優れた人は静かに身を修め、徳を養う。
無欲でなければ志は立たず、穏やかでなければ道は遠い。
学問は静から、才能は学から生まれる。
学ぶことで才能は開花する。志がなければ学問の完成はない。

 

 

この後にも続きがあり、学ぶことの意義を伝えています。

諸葛孔明は強大な智を誇ったことで有名ですが、同時に清廉で忠義を重んじた人物として知られています。誡子書の内容は、常日頃から公明が自分に言い聞かせ、実践していたことなのだろうと感じさせます。

 

本当に、古人の言葉は重く、深みがあります。