読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こがらせさんは人の役に立ちたい

シンプルな生活と、良き習慣で、幸せな人生を目指して。

栄養価計算で食生活を簡単に見直そう

日々食生活に気を付けていても、どの栄養価が不足しているのか、あるいは過剰なのかを知ることは難しいものです。

 

それを簡単に知ることができるサイトを見つけましたので、紹介します。とっても便利です。

 

www.eiyoukeisan.com

 

計算は無料です。登録とかしなくても大丈夫です。

 

計算方法は簡単で、どの料理をどれくらい食べたか入力するだけです。例えば私の例ですと、一日に餃子7個、麻婆豆腐1皿、味噌汁1杯・・・みたいな感じです。

 

このサイト良いところは、グラム量の目安を写真で分かりやすく見れることです。

他のサイトさんでもグラム量の入力は必要ですが、いちいち食事のときに何グラム食べたかなんて気にしないですし分かりません。

例えば牛肉ならこんな感じです。これならなんとなくでも入力できますね!

f:id:Kogarase:20160323210524p:plain

この目安があるおかげで、直感的に入力できます。

 

こんな感じで入力を進め、最後に自分の情報を入力すれば結果がでます。

下は私の実際にやってみた結果です。 

f:id:Kogarase:20160321221038p:plain

自分なりに気を付けてはいましたが、亜鉛ビタミンDが不足していますね!

このように不足している栄養価が一目で分かります。

さらに、各栄養素をクリックすることで、栄養素の働き、過不足した場合の現象、不足分を補うために摂取するべき食べ物とその量を表示してくれます。

f:id:Kogarase:20160323211230p:plain

 

個人的にはこの機能が最も素晴らしいと思います。

実際になにを、どれくらい食べれば良いかがわかるので、あとはこの食品を摂るようにすれば良いだけです。これほど分かりやすいサイトは他にないと思います。

 

さらに、女性の妊娠初期、中期、後期、授乳中にどうなるのかもシミュレーションすることができます。妊娠の段階が進むにつれて、不足しがちな栄養価は変わってきます。

このシミュレーションを行えば、現状の食生活の問題点だけでなく、将来必要な食生活も知ることができます。

 

食生活を気にする方に一度お試しいただきたいサイトです。

 

 

 

外務省前にて。

都内でも桜が咲いてきました。もうすぐ花見シーズンですね。

f:id:Kogarase:20160323212418p:plain

URに引越して1年の感想

一年前、UR住宅にU29割を使って入居しました。

その時の記事がこちら。

kogarase.hatenablog.com

 

現在ではU29割は無くなり、代わりにU35割になったようですね。

参考→ UR都市機構|UR賃貸住宅 関東エリア|U35割

 

 

入居から一年経ちましたが、一年間、家のことでは一度も困りませんでした。

  • 住宅のメンテナンスはかなりしっかりされている。
  • 木の剪定や清掃も非常にまめに行われている。
  • 周辺環境もやはり恵まれていて、すぐ近くに食料品店やクリーニング店がある。
  • バス停の数がUR周辺には多い。
  • 隣人との関係はほぼ無し。

バス停に関しては住んでみて分かったことです。私の場合は最寄りに3ヶ所ほどバス停があるので、朝の通勤では非常に助かっています。

隣人については、東京だけど住民にはお年寄りも多いし、多少関係がでてくるのかなと思ったのですが、全然そんなことはありませんでした。住民の間では、こうした傾向に反発してUR都市機構に単身者や若者の入居を促すような戦略を取らないように求める動きがあるようです。(署名やカンパの封筒がまわってきたりします)

 

総じて、URに住んでやはり良かったと思います。

今の家賃は9万円ほどですが、この家賃で同等の家に住むのはやはり難しいです。定期借家なのが惜しいですが、またURにしたいものです。

来年の手帳を買いました!

来年度の手帳(日記)を買いました。

NOLTYの三年日誌です!

 

f:id:Kogarase:20151128100440j:plain

f:id:Kogarase:20151128100354j:plain

 

去年はウィークリー、今年は1日1ページときて、来年は三年日誌です。
 
今年から4行日記*1を書くようになりましたが、自分でも思いもよらない成果がありました。
  
第一に、習慣をつけるのが簡単になりました。
習慣化のコツは、誰にでもできる超簡単なことを継続することです。
4行日記は基本的に長く書く必要はないので、寝る前の短い時間で書くことができます。
どんなに短い文章でも、毎日積み重なっているのに気付くと、ちょっとした達成感があります。
 
それから意外な成果がありました。自分でも気付いているようで気付いていないことに気付かせてくれることです。
「今日はいい一日だった」と思っていても、日記にすると「今日は〇〇に気づくことができたから良かった」となったり、「あの人は尊敬できる」というのも「あの人は〇〇ができる人だから尊敬できる」となったりします。
つまり、何を、どうして、なぜがはっきりするんです。
この効果は結構大きいです。自分がなりたい、向かいたい方向が見えてくるからです。
 
来年からの日記は三年日記なので、違う年の同じ時期に何を考えていたのかがひと目で分かるようになっています。
3年経った時に日記を見返して自分がどのように思うのか、今から楽しみにしています。
 
 

 

*1:4行日記は事実、発見、教訓、宣言という題で4行だけ書きます。この形式で、起きた事実から自分が何を発見し、教訓を得たのかが分かるようになっています。便利ですね。

お金のEXPO2015

マネーフォワード主催のお金のEXPO2015に参加してきました。

朝から晩までお金のセミナー尽くしで、非常にためになるEXPOでした。

 

特に私にとってためになったのは、山口正洋氏と吉崎達彦氏の対談(アメリカ経済の優位性)、深野康彦氏のライフプランニング(住宅ローンの組み方)、竹中平蔵氏の日本の未来の話(世界のリーダー達がどのように世界を見ているか、日本におけるTPPなどの狙い)でした。

山口正洋氏が、人口の増減が唯一の経済指標かもしれないと言っていたのが印象的でした。

竹中平蔵氏の話も、経済の面から日本の今後をわかりやすく解説していて面白かったです。

 

それぞれテーマは違いましたが、講演者がそろって口にしていたこともあります。

  • アメリカ経済が今後も優位性を持つであろうこと。
  • 中国、ロシア等の経済的不安は無視していてもいいこと。
  • 日本がこれから変えなければならないのは、資産における現預金比率を低くすること。自由が効かない分野において規制緩和を行い競争力を高めること。

 

本当に大事で本質的な情報はとても少ないということが今回のEXPOから得られた教訓です。

テレビや新聞などのニュースでは経済について多くの意見が交わされます。

しかし、本質的な情報はごく限られた人や場所でしか手に入らず、しかも自分から求めに行く必要があります。

私は、そういう情報を追求し手に入れられる人になりたいと思います。

f:id:Kogarase:20151123222833j:plain

TOEIC試験の結果が出ました

10月に受けたTOEIC試験の結果が本日出ました。

ネットでスコアを見られるなんて便利ですね!

僕のスコアは次の通りでした。

f:id:Kogarase:20151116213158p:plain

 

初めて受けたTOEIC試験にしてはまあまあといったところでしょうか。

600点超えを目標にしていたので少し残念です。

 

 

このスコアで実際に何ができるのか、TOEIC公式HP掲載の目安を見てみると次のようになります。

f:id:Kogarase:20151116213559p:plain

http://www.toeic.or.jp/toeic/about/result.html

 

 

僕の場合は、「打ち解けた状況で、 "How are you?""Where do you live?" "How do you feel?" といった簡単な質問を理解できる。」です。

そういえば、先日外国人の友達と話した時はこんな感じでした。

 

ちなみに企業が求めているレベルも公式HPには掲載されております。

f:id:Kogarase:20151116213900p:plain

http://www.toeic.or.jp/toeic/about/result.html

 

 思ったより高いですね!やはり700点は欲しいところです。

 

今回の試験で自分のスコアが分かりました。

これから徐々に上げていけると良いですね。

 

TEDでおすすめのスピーチ

最近TEDにハマっていて、毎日見ています。

短い時間でも本当に良い発見をさせてくれるのがTEDの良いところですね。お風呂の時間に2,3本は見れます。

 

今週見たものの中で最も役に立った3つのスピーチを紹介します。

 

エイミー・カディ 「ボディランゲージが人を作る」 

たった2分間のボディランゲージが心と身体に与える影響がいかに大きいかを教えてくれます。

ボディランゲージは相手に対する印象だけではなく、自分が自分自身に抱く印象も変えてしまうというお話です。

 

サイモン シネック「優れたリーダーはどうやって行動を促すか」

 人を動かすのは「何」ではなく「なぜ」であることを教えてくれます。Appleと他の企業がなぜ違うのか、それが分かります。

 

マーク・ベゾズ「ボランティア消防士が語る人生の教え」

「毎日誰かのヒーローになることはできなくても、毎日誰かに影響を与えることはできる。」という言葉が印象的です。

自分が与えられるものを考える良いきっかけになると思います。

 

 

それぞれ視聴した直後から実践してますが、いい傾向にあります。

気持ちが軽くなって、自信がついてきたように思えます。

無料でいつでもこうした講演が見られるなんて、本当に今の時代は良い時代です。

西東京市スポーツセンターでトレーニング

先日自転車を手に入れたので、久々にジムに行ってきました。

西東京市スポーツセンターです。

www.nishitokyo-sports.net

 

体育館、トレーニングルーム、プールがあり、エクササイズプログラムも有ります。前に利用していた光が丘体育館と比べると小規模ですが、きれいです。体育館はバドミントンコート6面、トレーニングルームは50㎡くらいでしょうか。

 

トレーニングは2時間300円です。

一通りのマシンとダンベルがそろっており、乗馬マシンもあります。

f:id:Kogarase:20151116212917j:plain

このスポーツセンターの特徴として、トレーニングの記録シートがあります。身長体重、日付、使用したマシンとウェイトなどが記録でき、記録したシートはルーム内のキャビネットで保管することができます。

以前はこうした記録をとるためにノートを持参していたので、テンプレートが使えるのはとても便利です。

 

唯一難点だと感じたのは、腹筋、背筋を鍛えるマシンが無いということです。バックエクステンションとアブアイソレータが無いのです。ベンチがあるので代用できますが、これらはやってて楽しいので有ると嬉しかったですね。

とはいえ、日々のトレーニングには十分使えます。これからも通っていきます。