ほーじむ

法律事務職員の雑記帳です。あれこれ書きます。

カレーの名店ボンディはやっぱり美味しかった

神田神保町はカレーの名店がたくさんあります。

今日はその中でも有名なボンディに行くことができました。

f:id:Kogarase:20170205012212j:plain

噂通り、非常に美味しかったです。これほど美味しいカレーはそうそうありません。

ルーは複雑でいながら洗練された味わいで、甘いような辛いような、不思議な感覚です。

具材によって、ルーの味わいの印象がほのかに違います。ビーフは本当に柔らかくて美味しい。

 

一食1500円近くかかりますが、特別な日の食事や、大切な人と時間を過ごすのには十分です。

 

個人的にはガヴィアル以来の衝撃です。こうなると次は共栄堂が楽しみですね。

読書感想:『仕事を加速する技術』~仕事は8割で進める~

デスクワークは、仕事量に限りがあるように見えて、いざ実行し始めるといつまでも終わらないということがあります。

これは頭脳労働の特徴であり、この特徴を上手く捉え、仕事を円滑にする方法を解説しているのが『仕事を加速する技術』です。

 

仕事を加速する技術

仕事を加速する技術

 

 

仕事が遅くなる理由は、2重デコード。

デコードとは、仕事を具体的な作業の断片に分解することです。

例えば、「預金解約」が仕事であれば、「支店に電話する」「解約請求書を書く」「請求書を送る」といった作業に分解することです。


困ったことに、人間にはデコードしたのに迷ってしまうという性質があります。「あれやらなきゃこれやらなきゃ…」と考えていても、しばらく時間が経つと、「何するんだっけ?」となるんです。

 

 

解決策は、デコードを一回限りにすることです。

 ①デコード→すぐ実行。
 ②デコード→次に見てもわかるように保存する。
 ③デコード→捨てる。


デコード結果の保存は、付箋メモを書類に貼っておく等が挙げられます。私の場合は、クリアファイルに書類を入れて、付箋メモをクリアファイルの内側に貼っています。これが一番いい。

 

デコード結果を再利用できる形で他人と共有するのも良い方法です。再利用の方法は、ブログに書く、マニュアルにするなど。

再利用することにより、バックアップが増える、他人がより効率の良い方法を思いつく。他人の理解が早くなる等のメリットがあります。

 

また、大切なポイントとして、頭脳労働はゴールに近づくほど、進行が遅くなる性質があるということは覚えておくべきだと思います。

これが「仕事は8割で進める」ということにつながります。

なんとなく感覚が分かる方も多いのではないでしょうか。

 

効率化に関しても重要なポイントが挙げられており、例えば、「全体の作業のうち、7割の部分から10%を省くほうが、1割の部分を50%省くよりも効果が高い。」というのは気づきがあります。

効率化というと、ついつい一つの作業を極限まで効率化しようとしてしまいますが、そうでなくて良いのです。

 

本書では他にも、コンピュータと紙の使い分け、ファイリング、紙情報の活用、日付情報の活用について書かれており、参考になります。

そんなに厚い本でもないので、仕事のスピードで悩んでる人は一度手に取ってみるといいと思います。

体を温める食べ物

ここ最近体が冷えて困っていたのですが、原因はコーヒーにあるようでした。

去年の暮れからコーヒーが好きになり、暇を見つけて飲んでいたのですが、なんとコーヒーは体を冷やす飲み物のようです。

 

基本的には、

  • 色の濃いもの
  • 寒い地域で収穫されるもの
  • 発酵しているもの

これが体を温める食べ物(紅茶、ほうじ茶等)で、

  • 色の薄いもの
  • 暖かい地域で収穫されるもの
  • 発酵してない

これが体を冷やすもの(牛乳、コーヒー)だそうです。

コーヒーは南国で暖かい地域で取れますもんね。

 

体温が1度違うだけで免疫力は30%も違うなんて話もありますし、

体を冷やさないに越したことはありません。意識的に温めるものを摂取したいものです。

朝一番で体を温めると、その日の体の動きが良くなるのが気持ち良いです。

最近行って美味しかったお店 ~ヤンピョンヘジャンク、シディーク、田中~

最近行って良かったお店のご紹介です。

いずれも1000円までで食べることができ、美味しいお店なので、近くを通ると利用することが多くなりました。

 

 

一つ目は、新宿 大久保にあるヤンピョンヘジャンクです。

ヤンピョン ヘジャンク
03-3208-5502
東京都新宿区大久保1-6-12 2F
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13030759/

 

f:id:Kogarase:20170113071300j:plain

お店の名前にもなっている「ヘジャンク」がメインのお店です。

写真は辛そうに見えますが、実際はそうでもないです。

元々胃腸に優しいスープで、辛さはあるものの牛骨のまろやかな味もあって、辛いのが苦手な人でも食べられるかと思います。ご飯がめっちゃ合います。

このお店では他に、ソルロンタンやガムジャタンが食べられます。

1000円ほどでかなり本場の味に近いものが食べられるので、おすすめです。

 

次は神保町のシディーク。

シディーク 神保町店
03-3511-5758
東京都千代田区神田神保町2-7
https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13023820/

 

f:id:Kogarase:20170113071328j:plain

神保町周辺は飲食店が豊富ですが、14時〜16時近くは意外とお休みのお店が多かったりします。

この時間帯で、リーズナブルに本格的なカレーを楽しめるのがシディークの魅力です。カレーの他にフォーも食べられます。

一見狭そうに見えるのですが、店は奥行きがあり、2階もあるのでゆったりできます。特に、15時近くは休日でも静かに過ごせます。

もちろんカレーはスパイスが効いてて美味しいです。

 

 

最後に、水道橋の田中。

田中
03-3221-6522
東京都千代田区三崎町3-1-10 水道橋ビル 1F
https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13019056/

f:id:Kogarase:20170113071403j:plain

家系ラーメンが好きな人なら、神保町の方から歩いて行く価値があります。

味はかなりバランスが良く、中野の武蔵家を思い出します。

値段も財布に優しく、600円からライス無料で食べられます。都心の家系は800円超えることが多いので、これは嬉しいです。

家系好きなら是非行ってみると良いです。

 

 

美味しく、かつ財布に優しいお店を見つけるのは嬉しいものです。

今後もこういうお店は見つけたいですね。

忘れたくないことはreminDOに入れると楽。

日々、覚えなきゃいけないことは増えていく一方ですが、これを効率的に覚えるのは難しい。

学生の頃とは違い、自由に使える時間自体が少ないので、ひたすら反復というわけにもいきません。

 

 

そこで良いサービスがあったのでご紹介します。reminDOです。

remindo.co

 

これは、登録したメモを、忘却曲線にしたがって、最も効率的な時期に思い出せるよう通知してくれます。

私は、試験問題や、大事な記念日、偉人の言葉などを登録して使っています。スマホのホーム画面にリンクを付けているので、電車などのちょっとした空き時間に復習しています。これが便利。

f:id:Kogarase:20170110232551p:plain

 

このサービスの良いところは、テキストだけではなく、画像を登録できたり、外国語は翻訳のリンクが自動で付くなど、細かい所に手が届いている点です。

他にも忘却曲線を用いたサービスはありますが、頭ひとつ抜けている感じです。おすすめできます。

 

 

週末、初詣に行ってきました。

おみくじは大吉でした。今年も無病息災で過ごせるといいです。

f:id:Kogarase:20170110233358j:plain

f:id:Kogarase:20170110233425j:plain

2016年に買ってよかったもの6点

2016年にAmazonで買い物したのですが、その中でもとても良かったものをご紹介します。

日常でよく使う物を少し良くするだけで、かなり生活の質が良くなったと感じるものですが、Amazonはそういったものが安く手に入るのが魅力的ですよね。 

 

レック 激落ちクロス マイクロファイバー 10枚入

レック 激落ちクロス マイクロファイバー 10枚入

 

10枚入り980円。他のクロスよりも明らかに汚れ落ちが良く、クロス自体も長持ち。

正直これを使い始めると、他の雑巾を使えないレベルです。

 

KENT 静電除去服ブラシ ミディアムサイズ KNC-3422

KENT 静電除去服ブラシ ミディアムサイズ KNC-3422

 

 3000円。衣服をコレでブラッシングすると、思いの外汚れていたり、埃がついていることに気が付きます。スーツをクリーニングに出す頻度が減りました。

 

 

満員電車では有線が煩わしくて買いました。2500円ほど。

無線の割に高くなく、音質も悪くないので、気軽に使えます。

 

 

驚異の959円。前にマイクロソフトのゲーミングマウスを使ってましたが、使い心地は遜色ありません。多分FPSでも問題ないです。

 

 

オムロン マッサージクッション ブラウン HM-341-BW

オムロン マッサージクッション ブラウン HM-341-BW

 

 3,979円。このクラスのマッサージ機としては、とても良くできていると思います。揉みが強くてやりがいがあります。

なお、箱が立派なのでプレゼントとしても優秀です。とても5000円以下には見えない箱です。

 

 

2016年のベスト。7000円。とにかく軽くて温かい。

最初は羽毛か羊毛を考えてましたが、 こちらにして正解でした。

築30年の寒いマンションでも、コレ一枚でなんとかなってます。 

 

 

やっぱり、シンサレート入りの布団が一番よかったですね。

これくらい暖かい布団を羽毛や羊毛で買うと何万円することやら…。

 

今年もこうした良い製品に会えるといいです。

 

2016年に読んで良かった本11冊のご紹介

2016年に読んだ本は36冊でした。

こんなに読んだっけ?と思いましたが、一月に3冊と考えると、それくらいは読んでいた気がします。

その中から、読んで良かった本を紹介します。

 

食  90億人が食べていくために (サイエンス・パレット)

食 90億人が食べていくために (サイエンス・パレット)

 

英国食品基準庁の初代長官が書いた本。薄くて読みやすい。

身近な食に関する問題を、こんなに深く、平易に書いた本はありません。BSE遺伝子組み換え食品などの問題を、単なる良し悪しの問題ではなく、将来の食糧危機の観点から捉えています。

 

あなたの人生を変える睡眠の法則

あなたの人生を変える睡眠の法則

 

睡眠に関する本の中で、一番分かりやすくて健康的な本。

読むのがめんどくさいという人は、最初の数ページに具体的な行動が書かれているので、そこだけ読んで実践すれば効果があります。

 

おいしく見せる盛りつけの基本-毎日の食卓をスタイリッシュに変える

おいしく見せる盛りつけの基本-毎日の食卓をスタイリッシュに変える

 

盛り付けの本は色々ありますが、この本を読んで要点だけ抑えるだけでも8割カッコよくなると思います。

見本はいっぱいありますが、抑えるポイントは共通していたりするので、流し見するだけでも参考になります。

 

珈琲のすべて

珈琲のすべて

 

春にタレーランシリーズを読んでからすっかりコーヒー派です。

ちょっとコーヒーのことを知りたいと思った時に、丁度よい本です。

豆の種類、挽き方、産地等、平易に書かれています。

 

マンションは10年で買い替えなさい 人口減少時代の新・住宅すごろく (朝日新書)

マンションは10年で買い替えなさい 人口減少時代の新・住宅すごろく (朝日新書)

 

今年のベスト3に入ります。僕に都心でのマンション購入を決意させてくれた一冊。

この一冊をきっかけにして、他のマンション関連本(現役・三井不動産グループ社員が書いた! 「ダメマンション」を買ってはいけないとか)を読むと捗ります。

 

クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)

クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)

 

 サバイバルゲーム系ホラーの名作。中学生でも読めます。

こういうのは読みだすと止まらないよね。

 

覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 (Sanctuary books)

覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 (Sanctuary books)

 

 吉田松陰の言葉が1ページ毎に書かれています。

短くも激しい一生が伺える言葉に、自分を考えさせられます。

 

1時間でハングルが読めるようになる本

1時間でハングルが読めるようになる本

 

「1時間はないでしょ」と思ってたら、本当に1時間で読めた本。

面白い例えばかりですが、実際にハングルを読む時にその例えが自然と浮かんでくるので、良い例えなんだと思います。

 

生きかた上手

生きかた上手

 

書いてあることがすごすぎて、ただただ尊敬しか出てこない一冊。

こういう年のとり方をしたい。

 

これでわかる!相続で必要になる戸籍の見方・調べ方

これでわかる!相続で必要になる戸籍の見方・調べ方

 

 僕みたいに、年間100通以上戸籍を見る人には良い本。

特別養子縁組のような、普段目にしない戸籍の例も書かれているので、非常に参考になる。初級者から上級者までこれ一冊でOK。

 

言わずと知れたベストセラー。

黒柳徹子さんが幼少期を過ごした、トモエ学園での生活を綴った本。トモエ学園が今でもあったらと、感じずにはいられません。

大人が子供とどう接するべきか、どのように子供を見てあげるべきなのか、考えさせられます。

 

 

一番印象に残った本は、やはり「窓ぎわのトットちゃん」ですね。

エピソードの一つ一つがとても面白く、印象深くて、考えさせられるものがあります。こうした本に出会えるのはとても嬉しいことです。

 

今年はどんな本に出会えるのか、今からとても楽しみです。